今年もやって来ました、この季節!
花粉、飛び始めましたね・・・

花粉症の女の子

花粉対策と言えば、マスクに眼鏡、帽子。
この中で、ファッション的に困るのが帽子。
被ると髪の毛ぺっちゃんこ。
でも、人前で外したい時、絶対あるんですよね。

そこで、今年は発想を変えて、帽子をやめてウィッグにしてみませんか?
基本的に、人前で外すことがないウィッグなら、ぺっちゃんこの髪に悩むことがありません♪

フルウィッグ

帽子と同じように、頭をすっぽりカバーしてくれるので、花粉が地毛や頭皮につく心配がありません。

おすすめはボブウィッグ。
ウィッグでもお手頃価格(2,743円(税抜)送料無料)のものもあるんです♪

らんまんボブ
>>らんまんベイビーボブ

※リネアストリアより画像引用

長いと、やはり花粉に触れる面積が多いので、短めのウィッグがおすすめです。
結んでみたり、ふわっとさせてみたり、その日の気分でアレンジしやすいので、毎日使っても飽きません。

ポイントウィッグ

ウィッグは使ったことなくて不安がある方には、ポイントウィッグの方が値段も安くて手軽に使えます。

おすすめはお団子ウィッグ(1,880円(税抜)送料無料)。
髪を小さくまとめることで、花粉が着いたり、花粉が着いた髪が顔にかかるのを防ぎます。

お団子ウィッグ
>>マジカルでか団子ミディアム」

お団子を作って、カポっとかぶせて止めるだけなので、忙しい朝でも簡単にヘアスタイルが決まります☆
花粉の季節が終わっても、夏に向けてアップスタイルが簡単にできるお団子ウィッグはヘビロテ間違いありません♪

静電気防止スプレーを

花粉が衣類につく原因は、素材の毛羽立ちなどもありますが、静電気も問題と言われています。
静電気防止効果のある柔軟剤を使うと、衣類に花粉が付きにくくなるそうです。

これは、ウィッグでも同じこと。
人工ファイバーは手触りがサラサラとしているので、花粉がつくことは想像できないかもしれませんが、乾燥の季節は静電気に悩むことがあります。
静電気を帯びたウィッグでは、花粉対策にならない可能性があるのです。

そこで、ウィッグのお手入れとして、静電気を抑えるトリートメント用スプレーを使うことをおすすめします。

エッセンストリートメント

朝、ウィッグを着用する前に、毛先を重点的にスプレーします。
これだけで、使用感がかなり変わりますよ♪