数年前からノンシリコンシャンプーが話題になり、美容意識が高い方の中には「シリコンは美髪、美肌の敵」と言うくらい嫌っている人もいます。

でも、中には「よくわからないけど、良くないんでしょ?」と判断して、ノンシリコンシャンプーを使ったら髪がギシギシになってしまった・・・と言う口コミもあります。

はたして、シリコンは悪さしかしないのでしょうか?

シャンプー選び失敗

シリコンは悪者?

シリコンは、すべりをよくするためのもの。
実は、総称名で、細かい化合物名で言うと、複数の種類があります。
化学式の構造によって少しずつ特徴が異なり、美容だけでなく、製造工場や機械など、私たちが生活する上で、様々なシーンで必要不可欠な物質です。

美容においては、化粧品やヘアケア剤等に含まれていて、肌の場合は表面をなめらかに、髪の場合は、しっとりと心地よい指通りにしてくれます。

この「なめらかに」する作用の一方で、「表面に膜のようにつく」ことが問題とする説もあります。
(例えばスキンケアの場合、肌の内部に浸透するのではなく、肌表面にとどまるイメージです。)

さっぱりした使用感が好みの方や、ニキビなどに悩んでいる方、毛穴が目立ちやすい方などは特に使用感が合わない傾向があります。

反対に、乾燥気味でうるおいを守りたい方には、しっとりとした使用感にやみつきになる場合もあります。

しっとり

ダメージヘアには救世主!?

髪の場合、ダメージが蓄積されると広がりやうねりが気になるようになってきます。
また、カラーリングをしても色がすぐ抜けてしまったり、パーマもかかりにくかったりと悪いことづくめ。
ダメージヘアのトリートメントとしては、シリコンは一定の効果を感じられます。
使うと手触りがしっとりするのです。

髪は死んだ細胞でできているため、傷んだ髪の細胞が復活することはありませんが、表面から潤いを閉じ込めてあげることで、パサつきを抑えることができるのです。
しかも、お手入れ後はすべりが良くなるため、髪にかかる摩擦を軽減することができ、傷みにくくなります。
ここでは、シリコンの「膜のようにつく」作用が効果的と言えるでしょう。

茶髪の女の子

好みに合わせて使い分けを

カラーリングもパーマもしていない、しかも、2~3か月に一度カットをしている方にはシリコン入りヘアケア剤はおすすめしません。

反対に、カラーリングやパーマを繰り返している方。
また、カットは半年に1回と言う方の中で、傷んだ髪のパサつきを気にしている場合は、シリコン入りのヘアケア剤を活用することをおすすめします。

市販されているシャンプーやトリートメントに含まれるシリコンは、頭皮に蓄積するほど多くはないと言われていますが、使っているうちに、頭皮のべたつきが気になることもあります。
そんな時は、週に1度程度の間隔でノンシリコンシャンプーを使ってみたり、美容院でカットするついでにヘッドスパ等を試してみるとスッキリするでしょう。

美容院

ウィッグトリートメントもシリコン入り

成分名に「シリコン」と書かれている商品はあまりないので、気が付かずに使っている場合もあります。

ウィッグトリートメントもその一つです。
シリコンは浸透することはない成分のため、ウィッグのファイバーにも適しています。

リネアストリアのウィッグトリートメントでは、「パフュームドシルク」に含まれるシクロペンタシロキサンがシリコンの働きをします。

パフュームドシルク

ウィッグの場合、毛先に重点的に使うため、重たく感じたりはしません。
毛先の絡まりが気にならなくなり、ウィッグを長く使えるようにお手入れすることができます。

いかがでしょうか。
「シリコン=悪者」のイメージは少し和らいだのではないでしょうか。
シリコンを目の敵にするのではなく、適性を見極めて、上手に活用して行きましょう。