「ウィッグを着けたら小顔になった♪」
ってレビューが多いリネアストリア。

最初はそんな訳ないじゃんって思っていましたが、どうやら本当のことみたい。
その理由を解剖してみました!

見える面積=顔の大きさ

髪形と顔の大きさの印象を比べるために、恥を忍んで(笑)おでこも耳も出してみました。
※ウサギの大きさ、位置は同じです。見える顔の範囲を比較してみて下さい。

全部

顔の大きさまるわかりです。
小顔には見えません。
しかも、丸顔にコンプレックスのある私は、この状態で外を歩く勇気がありません・・・

そこで、サイドの髪を下ろします。

耳隠し おでこ出し

頬の丸みが髪で隠され、心なしか縦長ラインが強調されてスッキリします♪
あまりやらない髪形だけど、これはこれで大人っぽいかも?
丸顔の方には小顔効果があると思います。

では、耳を出して、おでこを前髪で隠してみると・・・?

耳だし

顔の長さはカバーできますが、顔の横幅は丸出し。
ただ、サイドの髪のボリュームが抑えられるので、スッキリ感はあります。
洋服とのバランスがありそうな髪形です。
面長の方に似合いそうですね。

最後に、普通に前髪もサイドの髪もおろしてみました。

下ろした髪形

私の今の髪形は、段が少なめに入った胸までのストレートロングです。
何気にこれが1番顔の大きさがカバーできているのかも。
自分で小顔に見える!と言うのはちょっと恥ずかしい気もしますが、私の場合は普通におろしている時が1番小顔に見えます。

つまり、顔の見えている面積がそのまま顔の大きさとして認識されるのです。

そこで、顔を小さく見せるには

  • 前髪で顔の長さをカバー
  • サイドの髪で横幅の広さをカバー

この2点が重要です!

ウィッグが小顔に見える理由は・・・

小顔に見える髪形のポイントがわかったところで、なぜウィッグが小顔に見えるのか・・・?
それは、意図的に顔の面積を変えることができるからです。

リネアストリアのウィッグは特に小顔に見えるように試行錯誤を繰り返して設計されています。

その特徴が特に表れているのが前髪シャギーウィッグ
額のサイドから耳にかけて流れるひとふさの髪で小顔は簡単に演出できます♪
前髪シャギー
※リネアストリアより画像引用

前髪ウィッグと聞くと、地毛と分かれてしまわないか心配になりますが、前髪シャギーウィッグはトップの部分がつむじのようにふんわりとして、後ろ髪も少しあるため、馴染ませるのが簡単です。

前髪を伸ばしかけの方、思い通りの前髪が作れない方は、前髪シャギーウィッグを試してみてはいかがでしょう。