髪の毛が多くてもウィッグは使える?

髪の毛が多いと不自然

ウィッグを自然に見せるためには、髪の毛をなるべくコンパクトにまとめることが必須条件になるのですが、髪の毛の量が多いと、それがかなり難しいんですよね・・・

無理やりネットで押さえてフルウィッグを被ると、頭が大きくてバランスが変になることもあり、初心者は特に心配になるようです。
実際に、「髪の毛が多いけどウィッグを使って大丈夫?」と言う相談をよく受けます。

結論から言うと、工夫をすれば、大丈夫です!
では、具体的にどんな工夫をするべきなのか、紹介します。

お団子の数を増やす

お団子を2個に

髪の毛を2つにまとめてボリュームを分けるようにしてみて下さい。

フルウィッグの使い方では、よく、1個のお団子にまとめるように手順が載っていますが、1個にこだわる必要は全然ないのです。
要は、ウィッグから髪の毛がはみ出さなければ良いので。

ショートやボブなど短めのヘアスタイルだと、2個のお団子にまとめる方がやりやすい場合もありますよ。
お団子の位置は、耳の後ろ辺りで最初はチャレンジしてみて下さい。
ピンでお団子をつぶして平たくしてからネットを被るのを忘れないで下さいね。

ウィッグのヘアスタイルによっては、位置を下げたり、上げたりした方が自然に見える場合があります。
なので、実際に使いたいウィッグに合わせて微調整しましょう。

帽子をかぶる

帽子で小顔に

毛量が多いと、頭が一回り大きくなってしまいます。
もともとが小顔なら問題ないかもしれませんが、ほとんどの方は頭が大きすぎてバランスが変です。

そこで、帽子を活用しましょう。
帽子には小顔効果があります。
つばの広いデザインだと、より、小顔効果があるため、ウィッグでふくらんだ頭も小さく見せてくれます。
ニット帽を被る場合も、少しゆとりのあるデザインの方がおすすめです。

「大きいのは帽子です。顔は小さいんですよ」とアピールする気持ちで。

安いウィッグだと、つむじ部分が不自然で気になる場合もありますよね。
そんな時も、帽子を被ればつむじが隠れるので気になりません。
ウィッグ初心者は、ぜひ、帽子も一緒に使ってみて下さい。

エクステや部分ウィッグにする

エクステを使う

地毛を全部隠さなくてはならないフルウィッグの場合、髪の毛が多いと大変ですが、エクステや部分ウィッグは髪の量が多い方が自然に見える場合があります。

エクステは、接合部を地毛で隠さないとならないので、髪が少ないと不自然になってしまうのです。

部分ウィッグは、地毛を土台にして巻きつけるタイプのスタイルが多く、髪の毛が多い方が土台がしっかりして膨らみを持たせやすくなるのです。

「髪の色を変えたい」と言う場合はフルウィッグしか方法がありませんが、ヘアスタイルを変えたい場合はエクステや部分ウィッグも検討してみてはいかがでしょうか。

【メール便送料無料】エクステ1,069円~