毛が伸びたように見える自然なウィッグ

髪の毛は3日で1mm伸びる

ご存知ですか?
髪の毛って、3日で約1mm伸びるんです!!

美容院で染めても2週間もすると4~5mm伸びて来て、だんだん根元が暗く感じるようになって来ます。

でも、ウィッグは根元からカラーが均一。
永遠に美しいカラーが続くのはウィッグのメリットですが、ちょっと不自然に感じませんか?

そこでおすすめなのが、プリンカラーのフルウィッグ!
根元が黒くなっているので、見た目はまるで地毛!
「ウィッグっぽくない、自然なウィッグが欲しい」と言う方は、迷わずプリンカラーを試してみて下さい!

地毛みたいに自然♪プリンカラーウィッグ【3,980円】

プリンカラーは小顔効果もある!

明るめプリンカラーのウィッグ

明るいカラーの髪色は軽く見えますが、膨張して見えるので頭が大きく見えがちです。

そこで、根元を暗くしたプリンカラーの出番!
引き締め効果のある黒が入るので、キュッと頭が小さく見えます。

頭の大きさ=顔の大きさで、全体のバランスも良く見えますよ。

光沢を抑えれば、人工毛でも人毛風に見える

光沢の少ないファイバー

値段の安いウィッグはポリエステルのファイバーで作った人工毛を使用しています。
ツヤツヤのキレイな毛質はお人形さんの様でもありますが、ウィッグっぽさを強調してしまいます。

と言うのも、人間の髪の毛の表面はキューティクルがあり、光を乱反射するため人毛は人工毛に比べると光沢が弱いのです。

もちろん、手入れの行き届いたキューティクルは非常に滑らかな表面で、ツヤがあります。
でも、試しに毛先から根元に向かって髪の毛を撫でてみて下さい。抵抗があり、スルッと指が滑らないと思います。
これは、キューティクルの流れに逆らっているからです。

キューティクルは魚の鱗のように毛の表面を覆っています。
そして、魚の鱗と同様に流れに沿えばスルッと指が滑りますが、流れに逆らうと鱗が引っかかるようにキューティクルも指に引っかかるのです。

人毛は光沢が弱いことが理解できたところで本題です。
人工毛を人毛の毛質に近づけるには、どうしたら良いでしょうか?

キューティクルを作れれば良いのでしょうが、かなり高度な技術が必要ですね。
そこで、キューティクルまでは行かなくても、断面を作ることで光沢を抑え、人毛に近い毛質を実現しています。

こうして安い価格を維持しながら、高級ウィッグに負けない自然な見た目のフルウィッグが出来上がっています。

まるで自分の髪の毛みたい!

ハニーブラウンプリン

プリンカラーのすごいところは、まるで地毛のように見える事!

購入者レビューでも「すごく自然でした!」と感動する声が投稿されています。

ロングヘアスタイルも良いですが、女の子らしい可愛さのあるボブスタイルが1番人気!
地毛ではハネたりボリュームが出なかったりと、アレンジが難しいスタイルですが、ウィッグならササッと整えてニットキャップのように被るだけでとっても簡単♪
寝癖を気にせずボブスタイルを楽しむことができますよ!

自然で可愛い♪『四季のボブ』【送料無料】

美容院のリタッチカラー活用法

リタッチっていつ使うの

美容院のカラーでリタッチカラーがありますが、あれは根元の2~3cmを染めるためのメニューです。
2~3cmと言う事は、「3ヶ月以内に再来店すればフルカラーじゃなくてリタッチで大丈夫ですよ」と言う目安。

リタッチで済むと、料金も安く済むし、髪を必要以上に傷めないので、一石二鳥♪
髪の毛を傷ませたくないけど、カラーを楽しみながらロングヘアにしたい方は、ぜひ、リタッチメニューを活用して下さい!