はっくしゅんっ!!!
くしゃみ・鼻水・目のかゆみが止まらないあなた!
髪の毛に花粉がついていませんか?
花粉症

花粉は髪の毛にもつきやすい

マスクと杉

2月後半から3月にかけて花粉が飛び始めるとマスクで花粉症対策をしている人が多くなりますね。

家に帰ってからは、コートを払ったり、洗濯物も部屋干しにしたりと、細心の注意を払っていることでしょう。

でも、忘れていませんか?
髪の毛のこと!

風が吹けば髪がなびき、髪の毛1本1本に花粉がつきやすいんですよ!

さらに、髪は顔周りをユラユラ揺れていますので、髪についた花粉を吸いこみやすいと言う悪循環に・・・

マスク・衣類のお手入れも必須ですが、実は、花粉症の人ほど髪型に注意するべきなのです!

傷んでいる髪は要注意!キューティクルが開くと花粉がつきやすい

表面積が多い髪の毛に花粉がつくのは容易に想像できると思いますが、もっと細かく想像してみましょう。

髪の毛の表面にはキューティクルがありますね。
健康な髪はキューティクルが閉じ、表面はツルっとしています。
しかし、カラーリングやパーマ、お手入れ不足による乾燥などで傷んだ髪はキューティクルが開いてしまいます。
そして、そのキューティクルのすき間にも花粉はつきやすくなっているのです。

キューティクル

傷んだ髪は乾燥し、静電気も起きやすいため、余計に花粉がついてしまう危険があります。

花粉でアレルギー反応が起こると髪のパサつきの原因に・・・

頭がかゆい

さらに恐ろしいことが!
花粉が頭皮についてアレルギーが起きてしまうと、頭皮が肌荒れしたような状態になります。

荒れた頭皮から、健康な髪が生えてくるとは思えませんよね。
当然、生えてくる髪の毛もパサつきがちになります。

髪の毛を美しく保つためにも、頭皮と髪の花粉対策は必須なのです!

花粉がつかない髪形を

美容師

髪の毛の花粉対策として、まずは髪の長い人はまとめ髪にしましょう。
表面積を小さくすることで、髪に付く花粉の量は減らすことができます。

不器用でまとめ髪が上手にできない方は、お団子シュシュなどを使うと簡単に可愛くアップできますよ。

また、帽子などを被り、髪や頭皮に花粉が付着するのを防ぐのも効果的です。

さらにトリートメントで乾燥や静電気を防ぐと髪も傷みにくくし、花粉対策と美容のWで嬉しい効果があります。

花粉の季節は数か月間。
ツライ症状が続きますが、少しでもアレルゲンとなる花粉に触れないように工夫して乗りきりましょう。