安さ、手軽さで人気の前髪ウィッグ。
でも、実際に使ってみる前はすごく不安でした。
だって・・・コレですよ↓↓

前髪ウィッグ

思いっきりヅラっぽくないですかww

でも、つけると・・・

前髪ウィッグ着用

思ったより、地毛っぽい雰囲気が出ます♪
前髪ウィッグは地毛の色と合わせるのが自然に使う1番のポイントです☆
だから、前髪ウィッグを通販で買うなら、カラーサンプルで色合わせができるショップがおすすめです!

カラー交換1回無料!前髪エクステ【送料無料】

これならパッと見バレないと思いますが、うーん・・・でも、やっぱりまだヅラっぽい。
何でかなぁ・・・と思う原因は、横から見ると良く分かります。
この、横からはみ出たモッサリとした毛の固まりが私の顔の形に似合わないようです。

サイド

自然に使う方法

前髪ウィッグはワンサイズしかないことが多いので、顔の大きさによってはボリュームがあり過ぎる場合があります。
そんな時は、余分なボリュームを抑えるとナチュラルになります。
例えば、サイドに流すだけでもOK!

私の場合、モサっとした前髪ウィッグの一部をサイドに流し、後ろ髪に混ぜて止めるだけでも、かなり不自然っぽさは改善されました。
これなら隣に座ってもウィッグとはバレないと思います。

サイドに流す

余分な毛をカットしてもいいのですが、やっぱりいきなり切るのは勇気が要ります。
最初はバレッタなどでとめたりして、切らずにアレンジを楽しんでみることをおすすめします☆

つむじもチェック!

ウィッグで1番気になるのがつむじの部分。
これは、前髪ウィッグでも一緒です。
馴染ませないと、不自然なので、初めて使う時は合わせ鏡でチェックしましょう!

私も最初は失敗しました(笑)
こんな風に、前髪ウィッグの境目がハッキリwww

つむじ

でも、これも髪のボリュームが落ち着くとかなり解消されます。

つむじは自分では見えないけど、座った時に他の人から見える部分です。
どうしても気になるようであれば、カチューシャや帽子で境目をカバーしましょう。

付け方は簡単♪

注意したり、工夫するところを聞くと、『前髪ウィッグって難しいのかな・・・?』って不安になりますが、実はとっても簡単なんです♪

裏を特別に(?)お見せします♪

前髪ウィッグの裏側

パッチン止めが2個。
そう!これで止めます。
これが結構バネが良い感じで、ストレートの私の髪でもしっかり止まります。
それでいて、髪が引っ張られるような痛みはありません。
動いても、風が吹いても大丈夫ですよ♪