日差しの強い夏。
肌が焼けないように気をつけている人は多いと思いますが、髪の毛の紫外線対策はうっかりしている人も少なくありません。

実は、髪の毛も日焼けします。

主な日焼けのダメージは乾燥。
毛先がパサついて指通りが悪くなります。
ダメージが進行すると、枝毛や切れ毛が増えることもあります。

カラーリングをしている人は色が抜けやすくなることも。
夏前に染めたのに、今、色が明るくなってしまっていたら、日焼けダメージを受けた可能性が高いです。

ダメージヘア

日焼けを防ぐには?

まずは、日に当たらないことが第一です。
日傘や帽子で紫外線から髪の毛を守りましょう。

まとめ髪にして、太陽の光を浴びる面積を小さくすることも有効です。
地毛をお団子にして部分ウィッグを巻きつけても髪の保護になりますよ。

スプレータイプの日焼け止めは、髪につけれるタイプもあるので、活用しましょう。

髪にスプレー

日焼けしてしまったら?

まずは保湿。
トリートメントを入念に行いましょう。

ただし、夏は地肌がベタつきやすいです。
トリートメントが地肌につかないように気をつけましょう。

トリートメントは毛先からつけ始め、だんだんと上の方へ、耳下辺りまで指で髪をとかすようにつけると、地肌にトリートメントが付くのを防げます。

ヘッドスパで地肌の汚れを落とし、血行を良くすることも、髪を労わるためにおすすめな方法です。

トリートメント

色あせはカラーリングでカバー

髪のケアをしっかりしても、傷んだ髪の毛がもとの黒髪に戻ることはありません。
手触りは戻っても、カラーはカラーリングでしか調整できないのです。

ツヤツヤ髪に見えるおすすめカラー

そこで、おすすめなのが、オレンジや赤みのあるピンク系の色です。
ブラウンに混ぜて「オレンジブラウン」「ピンクブラウン」みたいなオーダーにすれば、色味をほのかに感じる仕上がりになるでしょう。

オレンジやピンク系は髪をツヤツヤに見せる効果があります。
秋にもピッタリな暖かみのあるカラーなので、これからカラーリングするのであれば、季節的にもおすすめです。

ツヤツヤした感じが苦手な方はアッシュ系を混ぜてオーダーすると、落ち着いた色味になりますよ。

カラーリングは髪のダメージをごまかしてくれますが、施術自体は髪に負担がかかります。
トリートメントは必ずしましょうね。

艶のある髪

パサついて見えやすいNGカラー

反対に避けたいのがイエロー系。
ツヤが出にくく、傷んでいるように見えます。
しかも、イエローを綺麗に発色させるために髪の色を抜く作業が入ることもあり、髪の毛をさらに傷める原因になります。

お疲れ髪の時は、イエロー系は避けることをおすすめします。

もし、明るい髪色にしたい場合は、フルウィッグを使った方が髪を傷める心配がありませんよ。